購入後

モテフィットを長持ちさせるための洗濯方法と干し方

洗濯

 

モテフィットなどのナイトブラは洗い方や干し方で失敗するとバストアップ効果が薄くなったり、縮んで入らなくなったり、色移りして着ける気がしなくなったりなどし、着ける意味がなくなったり、着けるモチベーションが下がったりします。

 

ナイトブラは頻繁に買い換えるような値段ではないので、出来るだけ1枚を長持ちさせたいですよね。

 

今回はそんな失敗をしないためにも洗濯や干すときの注意点、長持ちさせる洗い方と干し方についてお伝えします。

 

モテフィットを洗濯するときや干すときの注意点

注意

 

モテフィットのタグの取り扱いのところには5つの表記があります。(2つが洗濯、1つが乾燥、1つがクリーニング、1つはアイロンについてです。)
今回は洗濯と乾燥についてが主なので、クリーニングとアイロンのところは最後に軽く触れるだけにします。

 

では、洗濯の図柄から順に見ていきましょう。

 

洗濯の図柄1

40℃

 

このマークの意味は、「液温は40℃を限度し、洗濯機で処理ができる」です。

 

お風呂の残り湯をそのまま使うと40℃以上になってしまいますが、翌日には25℃程度になっているので特に気にしなくていいでしょう。ただし、入浴剤の色移りやボディーソープなどの成分で生地を傷める可能性も考慮すると、下着を洗うときは残り湯を使わない方がいいかもしれません。

 

洗濯の図柄2

漂白禁止

 

このマークの意味は、「塩素系及び酸素系漂白剤の使用禁止」です。

 

かんたんにいうと、漂白剤は使えません。

 

乾燥の図柄

タンブラー乾燥禁止

 

このマークの意味は、「タンブル乾燥禁止」です。

 

タンブル乾燥というのは、衣類を熱と共に回転させて乾燥させること。
ドラム式洗濯機の乾燥機能やコインランドリーでの乾燥を想像してもらうといいです。
そして、そのような乾燥はモテフィットではしていけないということ。

 

自宅にはクリーニング店にある静止乾燥機はないため、自然乾燥させるしかありません。

 

クリーニングの図柄

ドライクリーニング禁止

 

このマークの意味は、「ドライクリーニング禁止」です。

 

アイロンの図柄

アイロン禁止

 

このマークの意味は、「アイロン仕上げ禁止」です。

 

そして、これら5つのマークの他に、「濃色の物は色移りする可能性があるので、他の物と分けて洗ってください。」という表記あり。
また、ここまでは基本のルールでしたが、ここからは長持ちさせる洗濯と干し方のポイントについてお伝えしていきます。

モテフィットをさらに長持ちさせるために洗濯で気をつけること

1枚のモテフィットを長く使いたいときは、洗剤の種類と水の温度、本体はネット・パッドは手洗いがポイント。

 

中性洗剤を使う

モテフィットは洗剤の指定がないため、通常の弱アルカリ性の洗剤で洗うことも可能です。
でも、下着用洗剤やおしゃれ着用洗剤などの「中性洗剤」の方が生地へのダメージがさらに軽減されるのでおすすめ。

 

中性洗剤を選ぶポイント

中性洗剤を普通に選ぶだけでもいいのですが、さらにこだわりたいという人は2つのポイントで選ぶといいでしょう。

 

  1. 成分が肌に優しい
  2. 界面活性剤が少ない

 

肌につけるものなので添加物が少なく、天然由来成分を使用しているものを使うとGood。

 

また、界面活性剤は汚れが落ちやすくなりますが、繊維に残りやすいデメリットがあります。
界面活性剤が25%以下のものを選ぶと泡切れも良く、繊維内に残る界面活性剤を減せるでしょう。

 

液温はぬるま湯がベスト

水で洗うよりもぬるま湯で洗った方が汚れが落ちやすく、洗剤も残りにくくなります。

 

ただし、洗濯マークにあるように40℃以上のお湯を使うのはNG。
ぬるま湯を使うというのがポイントで、温度は25~30℃を目安にするといいです。

 

本体はネット・パッドは手洗い

本体は他の下着を洗うときと同じようにネットに入れ、洗濯機を回しましょう。

 

パッドは洗面器に中性洗剤を入れ、ぬるま湯で押し洗いするといいです。
そして、洗剤が残らないようにしっかりとすすぐことが大事。

モテフィットを干すときに気をつけること

陰干し

 

モテフィットは自然乾燥させるしかありませんが、外干しすると紫外線のダメージがあります。

 

そのため、本体もパッドも陰干しするのがおすすめです。

 

モテフィット本体の干し方

本体は肩紐をハンガーにかけて干してもいいですし、アンダーバンド部分を洗濯バサミで挟んで干してもいいです。

 

室内の風通しのいいところで陰干ししましょう。

 

パッドの干し方

パッドは手洗い後、タオルなどで水分を拭き取ってから陰干し。

 

長時間洗濯バサミで挟んで干していると形が崩れる可能性もあるので、風通しが良いところに置いておくといいです。

ナイトブラを洗う頻度と必要な枚数

ブラジャー

 

洗うと型崩れや縮みが気になるので洗う頻度を低くしているなんて人も少なくありません。ナイトブラだけでなく、普通のブラもまとめて洗うなんて人もいますよね。

 

でも、汗や皮脂がついたままだとナイトブラの劣化を早めてしまうんです。劣化を早めるだけでなく、肌に直接つけるものなので衛生的にもあまりよくありません。

 

そして、夏だけでなく、その他の季節も意外と寝汗はかいてるもの。

 

だから、ナイトブラはつけるたびに洗うのがおすすめです。

 

そして、毎日継続することで効果が現れやすいナイトブラは毎日つける必要があります。夏なら朝洗って夜つけることも可能ですが、冬は乾きが悪いので無理な場合もあるでしょう。

 

そのため、最低でも2枚、余裕を持ちたい人は3枚用意した方がいいです。2枚ローテーションは1日洗い忘れると着けられなくなるため、洗い忘れをしてしまがちな人は3枚用意してください。

 

\2枚セットor3枚セットを送料無料で購入する/

 

3枚購入でぶつかる問題点

モテフィットを3枚買うとなると約18000円の出費になり、これが財布に痛いなんて人は少なくないはず。

 

そこで、ナイトブラはモテフィットでないとダメという人は別ですが、同じように評判が良くて安いナイトブラを買うという選択肢もありです。

 

そして、3枚セットで1万円前後に抑えつつ、評判が良いナイトブラを2つ厳選しました。

 

1つ目は「ふんわりルームブラ」。老舗ブランドで評判も良く、カラーバリエーションが豊富でアンダー60にも対応というのはモテフィットにもない部分です。

 

 

2つ目は「Viage」。評判が良いのはもちろんのこと、カラーバリエーションがあり、3枚セットだと特典もついてくるうえに値段は1万円以内のコスパが高いナイトブラです。